FC2ブログ

育休明け 最初の難関 妻海外出張で父子家庭

育児休業も明け職場に復帰し、
まるでなにごともなかったかのような顔して
日々普通に仕事してます。

というのも所属部署も、座席の場所も以前とまったく変わらない。
せっかく荷物全部撤収して何処に移ってもいい覚悟してたのに。
まあ慣れ親しんだ業務内容で正直ちょっとホットしました。

与えられたリハビリ期間は3日間。
まったく仕事のことなど頭の隅っこにもない状態が3ヵ月続くと
びっくりするくらい、いろんなことを忘れちゃってます。
わかるんだけど、いざという時に手が動かない!
「なんだっけ?」「どうやんだっけ?」ってのが頻発。
親切丁寧なリハビリ担当さんのお陰で、なんとか感覚を戻すことができました。
一度思い出すと、あとはなんとなく体が覚えてるので大丈夫。
リハビリも明けた今では普通に何食わぬ顔で仕事してます。


そんなわけで、12月1日以降、我が家の共働き体制が完全復活。
正直、しんどい日々がしばらく続きます。
(いつまで続くんだろ?もしかして、ずっとしんどいのか?)
家庭内シフトを綿密に組んで、息子の送り&お迎え当番を割り振り
しているのですが、そこで早速さらなる難題が。

なんと早速に「妻の海外出張」が決定!

1週間近くアメリカに行くことに。
そして、今まさに行っちゃってます。
父子家庭エンジョイ中!?

いつかは通る道とはいえ、このタイミングって、いきなりの試練です。
さすがに息子の送り&迎えと育児全般、家事全般諸々すべてを
一人でこなすのはあまりにも過酷。

ということで、今回は遠慮なく両家おばーさまにヘルプ依頼。
このときのためのシュミレーションを早速実践の時。
何度かお迎えと夕食を担当してもらって、なんとか乗り切り助かりました。

一人で全部やった日もあったのですが、しんどい!
家事・育児分担の重要性を実感する良い機会となりました。
やっぱり日頃から夫婦二人いる時は、あうんの呼吸っていうか
「空いてる方がやる」っていうのをあたりまえのように
やっていたのだなぁ。

今後も様々なケースがあるでしょうが、
いろんなヘルプをいただくなりしながらも、
なんとか乗り越えられるちょっとした自信となりました。

スポンサーサイト



育休91日目 育休最終日に思う

いよいよこの日がきてしましました。
何とも言えない寂しい気持ちでいっぱいですが、
これからも育児は続くし、これまで以上に家事
を効率よくこなさなくてはならない。
残念ながら感傷に浸っている場合ではないのです。
とはいえ、せっかくなので3ヵ月間の育休を振り返り、
今思うところを綴ります。

サービスショット。得意のウマい!ポーズ。これはたまらなくカワイイ。
邏泌、ェ縲?ikids_convert_20111202000251



「育休カッコイイ!」とか「イクメン素敵!」とか
本当にいろいろお言葉を頂戴したのですが、
実のところ全然かっこよくないし、今をときめいてる感じでもない。
(いまだにそのような言葉は違和感があります。うれしいんですけど。)
そして、実際のところ育児はケシテかっこいいものではなかった!
あたりまえですが、毎日ウンチの処理して、泣き叫ぶ子供と
格闘し、疲れて一緒に寝てしまうどこにかっこいい要素があるのか...。

だけど、これがやってみるととてつもなく楽しいんですよ。
そしてなんともいえない充実感。今しかこの感覚は味わえないと思うと、
このタイミングでの自分での決断は間違っていなかった。
3ヵ月過ごした今、この言葉が言えるのがなにより嬉しいかぎりです。


実のところ育児休業取得に至ったきっかけは
“仕方ないから”という、積極性のかけらもないネガティブな理由から。
「仕事には出来る限り早く戻りたい」という妻の希望と、
「自宅近くの融通がきく保育園に入りたくても入れない!」
「我が家のキャッシュフローがこの体制で一番潤沢に廻る!!」
という環境を考慮した結果、妥協の産物で妻の7ヵ月の育児休業
を引き継ぎ、ワタクシの3ヵ月間はスタートすることになったのです。
そう、理由からしてぜんぜんカッコ良くなんかないんですょ。

そして所属会社内の関係各所の協力のおかげで
スムーズに手続きは進み、男性社員初の育児休業が
スタートするわけですが、せっかくやるからには、前向きにやりたい。
そこで、育休中の目標を以下のとおり公言しました。

●オッパイをあげること以外の育児に関することは全部できるようにする(というか、ヤル)
●妻がスムーズに仕事復帰できるよう全面的にサポートする

振り返ると、この二つのおおきな目標には及第点をもらえるのでは
ないかと自負しております。

日々のおむつ代え、離乳食、お風呂、寝かしつけは
すっかり生活の一部になっているし予防接種や定期健診、
発熱、下痢などの有事の際には小児科に違和感なく通いました。
最近は毎晩の絵本の読み聴かせも楽しい。

そして妻の仕事復帰支援。
ここ最近、終電やタクシーでの帰宅、休日出勤が続き
プチ父子家庭状況。この3ヵ月で完全に出産前の勢いに
戻って仕事してます。いきなりのエンジン全開での戻りっぷり
に、逆に12月以降の共働き状態復活後の調整に難しさが
残る皮肉な状況に陥ってます。

結果として、育児休業取得でなんとも代えがたいものを得ることができた
と実感してます。最後にそれを整理して育児休業の総括としたい。


【育児休業取得で得ることができたこと】

●1.子供の成長をまじかで毎日感じられたこと。
やはりこれがもっとも大きい収穫。
肉体的には、ようやく座れるようになったころから、ずりばい、つかまり立ちと
短期間で日々確実に成長したし、精神的には自分の好みを少しずつ
自己主張するようになった。こんな自分の息子の変化を毎日まじかで見ることが
できたのは贅沢な体験だった。


●2.ハイブリットな家族になった
我々夫婦のような共働きにとって「夫婦ともに何事も満遍なく出来る」
(=複数のエネルギー供給源があるハイブリッド的)っていうことは
この時代、意外と大事なことだと思う。

普段は仕事・家事・育児は二人とも満遍なくするので問題ない。
何かの要因でボリュームのバランスが崩れた場合でも、ヘルプができる。
万が一、仕事がとてつもなく立て込んだり、
どちらかが大きな病気やケガをしたり、はたまた職を失ったり、
と有事発生の際はいろんなオプションが計算できる。
この保険のような安心感はこの先じわじわと効いてくるだろう収穫。
自分にとっては、どこかにあった家事・育児への“お手伝い感覚”が
一気に“主人公”へ変化したことが大きい。


●3.世界観が広がった
なにせ男性育児休業については、まわりに取得者もなければ
情報も皆無なゼロからのスタートだったこともあり、
育児やワークライフバランスに関する情報を収集するべく
アクティブに動いた。
“男性育児界”そのものはまだまだ一般的にはマイノリティーな存在かも
しれませんが、意欲的に活動するグループやそこに集う人達の意識は高く
仕事を離れた世界で刺激を受けることが新鮮だった。
注目するべきは、ソーシャルメディア元年といわれるタイミングと重なって
情報の収集、発信、WEBからリアルな場への発展という流れが、
加速度的に繋がることを実感できたこと。

余談になりますが“育児”“家事”という多くの人が身近に感じるテーマだけに
共感も伝播もしやすい。男性の育児参加があまりにもあたりまえになって
「イクメン」って言葉なんてあたりまえすぎて近い将来だれも使わなく
なっていることを勝手に予想。


最後の最後に懺悔を。
当初の目標に以外にも、実は密かにやりたかったことがいっぱいありました。
でも実際は出来なかったことがだらけ。出来てないことのほうが多い。
育児・家事が思ったより大変だということを痛感できたことも収穫です。
育児・家事なめてました。すいません!


サービスショット2.こういう姿もたまらん!

育休76日目 4者会談&「お迎え」ヘルプを体験

ちょっと前の話になりますが
11月16日水曜日、我々夫婦ならびに実の母、義理の母の
4人でランチをしました。

場所は青山の神宮外苑のいちょう並木ぞいの
「ロイヤル・ガーデン・カフェ」。
親子会談にはあまり似つかわしくない程のオシャレカフェですが
天気も良くて気持ちいい。



神宮外苑のいちょう並木はようやく色つきはじめくらいか。
遠近法を使って青山通り側のほうが木が高く、絵画館方面に行くほど低くしているそう


晴れた日の「ロイヤル・ガーデン・カフェ」テラスは気持ちイイ!
これからはいちょうの並木も徐々色づき1年で一番良い季節。



テーマは
「12月以降の育児役割分担について」

いよいよ12月のワタクシの育休明け以降、我が家の育児シフトは
これまででもっとも厳しい状況となります。
妻は8月に仕事復帰して以降、徐々に仕事のペースを
あげて、先週は毎日終電近くorタクシーで帰宅する状況。
しかも12月には早速に出張予定が入ってきてるそうで。
こんななかで自分が普通に仕事復帰しちゃった後、
育児シフトをどうやって回すかって課題だらけで、
いまだ頭が痛いのです。

そこで両家のお母様に可能な範囲で協力依頼をするというのが
今回の会談の趣旨で、かつ実際に息子の送迎を依頼した場合の
シュミレーションをしたのでした。
幸い、両家ともにそこそこ遠方にもかかわらず事前に快諾をいただいていたので
特に難しい話はないのですが、ひととおり確認と実体験。

まずは前提となる昨今の保育園事情ですが、
自宅近くの保育園は引き続き入れる望み薄な状況のため
当面は青山にある妻の勤める会社の企業内託児施設を利用する予定です。
今回は病気など緊急事態発生時または帰りが夫婦ともに遅れる場合に、
青山から自宅までの「お迎え」ヘルプを体験していただくのがメインイベントです。

ご高齢の身には軽量ストローラーを準備するのがいいのか、
抱っこ紐がいいのか、そもそも息子が順応してくれるのかなど、
青山の企業内託児所から体重8kgを超えた息子をピックアップして地下鉄に乗り、
自宅まで帰るってのは簡単なようで慣れるまでは
結構ハードル高いのではと心配していたのでした。

ランチ後、実際、朝から預けていた息子を迎えに行き、帰宅訓練開始。
最初こそいつもと違う雰囲気を察知し、泣きまくりましたが
すぐに慣れて、ご機嫌に。両母ともに抱っこ紐は初体験でしたが
重さもさほど感じず大丈夫そうとのこと。
どちらかというと拍子抜けするくらい余裕です。

まあ考えれば、育児の大先輩ですし、いまほど便利な育児グッズも
ない時代に子供を育てあげてる人達なのですよね。

極力自分達でやりくりする心つもりですが、いざというときの
身内の協力はほんとにありがたい。
感謝、感謝です。


ランチで食べた「チキンソテー」。パンもおいしい。いつ行ってもも混んでます。

育休65日目 青山散歩 VOGUE FASHION'S NIGHT OUTを体験

11月5日土曜日
早朝から妻が終日予定で出掛けてしまったので、息子とマンツーマンの休日。
家でご機嫌とるものの早々と限界を感じ、パパ仲間がお手伝いで参加する
イベントを覗きに青山こどもの城へ。
ここなら飽きることなくいろいろ楽しめそう。

青山こどもの城 正面にそびえたつ岡本太郎氏の像



こどもの城の存在は知ってはいたものの、初めての入場。
そこはまさにこどもの城でした。
当日のイベントは「おとうさんの遊び市」という首都圏の
パパ育児サークルがあつまって催し物をやってました。
息子はたぶんまだ理解できてないでしょうが、紙芝居や実験にご機嫌。
雰囲気で楽しんでたようです。
もうちょっと大きくなったら定期イベントも盛りだくさんで
楽しく利用できそうです。

帰りにせっかくなので久々にちらっと青山界隈を散策することに。
「やっぱ都会の休日は人出が多いなぁ~」と思ったら
イベントやってました。

「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT」

18ヶ国で開催される世界最大のショッピングイベントだそうです。
世界金融危機後に落ち込んだ経済活動をファッションの力でもりあげよう
と2009年に雑誌「VOGUE」US版の編集長アナ・ウィンターさん
(映画「プラダを着た悪魔」のモデルとなった方ですな)が提唱しスタート
したとのこと。通常世界同時に9月開催のスケジュールが今年は
日本のみ特別に11月開催に延期し、世界18ヶ国のすべての「VOGUE」
編集長が同時来日し、東日本大震災で多くの困難を抱えるであろう
日本を盛り上げるため、このイベントを全面的にサポートしているらしい。

「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT」オフィシャルパンフレット 表紙は富永愛さん




知ってますか?
私は知りませんでした。まったく。知っててもたぶんわざわざは行かなかったろう。
とにかく青山、表参道界隈がどこもスゴイ人。
特に普段は静かなハイファッションのショップは
どこもかしこも黒山の人だかり。
華やかな服を着た頭一つ分背の高いモデルさんがやたら目立つ。

「今こそファッションが持つポジティブなパワーを伝えたい」
というのがこののイベントのテーマ。

「このご時世にファッションのパワーだなんて空虚だなー」
と正直一瞬思いました。
自分はあまりファッションにお金をかけるわけでもないので
正直なところ「VOGUE」にもハイファッションブランドにも
深く興味があるわけではありません。
混んでるの避けてそのままさっさと帰ろうと思っちゃったくらいです。

しかしですね。
この景気が悪いと言われている中、
1つの雑誌がこれだけ街全体を動かすイベントを実施し、
消費欲に火をつけ、皆それを楽しんで、ガンガン買い物をしている。
この様子にはかなり驚きました。街全体が華やかで楽しそう。

なんか「今こそファッションが持つポジティブなパワーを伝えたい」
なんて壮大なテーマを掲げて、自分達の立ち位置であるファッション分野で
正面から仕掛けている「VOGUE」がだんだんカッコ良く思えてきちゃって。
思わず、表参道ヒルズのメイン会場周辺まで足をのばしました。
そこで「VOGUE」US版の編集長アナ・ウィンターさんや
FRANCE版編集長エマニュエル・アルトさんらしき人に遭遇。
大スター並みの追っかけられかたでしたよ。
というかスターなんですね。なんか嬉しい。

結局その後何も買わずに、そのまま帰りました。
偶然の遭遇ながら景気悪さなんてまったく感じさせない、
刺激的な出来事でした。


表参道ヒルズ入口 スター、取材メディア、買い物客でごったがえしてます  


育休41日目 「パパごはんの日」プロジェクト パパごはん料理教室に参加

最近すっかり料理づいてますが、
ひょんなことからお誘いいただき、
「パパごはん料理教室」
(ビストロパパ×ファザーリング・ジャパン×東京ガス 共催)
に参加してきました。

★★★「パパごはんの日」オフィシャルページはココ★★★




今回はプロジェクトの立ち上げということもあり
記者発表とともに開催され、メディアの取材も入り大盛況。
「パパごはんの日」プロジェクトって?
端的なオフィシャルページによる解説は以下のとおり。 

------------------------------------------
~パパごはんの日プロジェクトとは~
「パパが日常の家庭料理をつくる世の中にする」
文化創造プロジェクト。
家庭内における父親の役割を「食」を通して定着させ
地域に密着したネットワークを通じて、地域で「子育て」
できるライフスタイルを創造する目的で
父親の家庭料理支援を行う、株式会社ビストロパパと、
父親の子育て支援を行う、NPO法人ファザーリング・ジャパンと
早くから食育に取り組み地域に密着した料理教室を展開する、
東京ガス株式会社の三者が協力して推進している
------------------------------------------

会場は銀座のど真ん中にある
東京ガスのハイテクキッチンスタジオ「Studio + G GINZA 」
ガス器具のみならず、最新のハイテク設備満載のすごい施設です。

前半の記者発表。メディアもたくさん大盛況!


いよいよ後半の料理教室。


本日のメニューは3品
・きのこたっぷり大葉混ぜ炊き込みごはん
・カリカリジューシー・グリルチキン
・季節野菜の素揚げ


先生はプロジェクト発起人でパパ料理研究家の滝村雅晴さんと東京ガスの小西さん


自動温度設定&タイマー機能付きのハイテクコンロでポテト揚げてます。


鶏肉の脂がおちて、焼きあがりバッチリ!


3品完成!


特別なときだけキッチンに立つのではなく、
日常的な家庭料理としてパパが腕をふるう。
それが、「パパごはん」の胆。

“男の料理”と言えば、食材にこだわって、
メニューにこだわって、時間をじっくりかけて
自分の食べたいメニューをつくる。
そしてキッチンはぐちゃぐちゃで....
ってイメージですが、
特別な日の料理と日常の料理は別モノ。

簡単、経済的、かつ、おいしく。そして後片付けまで
しっかりこなすのが「パパごはん」。
最近毎日料理をするようになり、この考え方に
すごく共感できます。

そんなパパを一人でも増やしていくのが、
「パパごはんの日」プロジェクト。

最後に一緒に「調理をした同じグループの皆と、試食。
おいしくいただきました。
4名中、3名が育児休業中、残りの1名も在宅でお仕事と育児を両立
されているとのこと。みな育児への意識が高い方ばかりで
楽しかったです。

発起人の一人 ファザーリングジャパンの安藤さんもおっしゃってましたが
「男子厨房に入らず」の時代から「男子進んで厨房に立つべし」の時代
への価値観の転換が必要になるのは結構すぐ近くにきているのかもしれません。
がんばります!

↓↓↓FC2ブログランキング ポチっ とお願いします!

Facebookへのコメントはこちらから

プロフィール

マユテツ

Author:マユテツ
「旅」・「食」・「育」・「音」を中心とした日々の雑記です。

ランキング参加中!クリックを!
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitterはこちら
Facebookはこちらをクリック!