FC2ブログ

育休57日目 アドテック東京2011に行ってきた その1

「アドテック東京2011」@ザ・プリンスパークタワー東京に行ってきました。
今年で3回目を迎えるアド(デジタルマーケティング、コミュニケーションビジネス
)とテクノロジーに関する世界最大級のイベントです。

★★★アドテック東京のオフィシャルページはこちら★★★

一見、自分の仕事とはちょっと畑違いのような気もしますが、
いやいや大変勉強になりました。時間もあったので思わず2日連続で参加。
ホントに行ってよかった。

当初の参加の狙いは
1.ソーシャルメディア界の第一人者と言われる
 looopsの斉藤徹さんのワークショップを聴く
2.変化を求められるであろう広告業界が今何を考えているのかを聴きかじる
3.イベントのプロ達が主催する世界最大級のイベント運営を体感する


と、結構軽いノリだったのですが...。
いざ会場に行ってみて、その混雑ぶりと全体の熱気というか高揚感に
いつのまにか自分までハイになってました。

こちら入口受付。



まず注目したのがイベントの運営面。
自分も旅行業でセールス時代に1000名規模の企業イベントの運営を経験した
ことがあったのですが、技術は日々進化してます。

最初のエントリー時に自身で入力した個人情報をバーコードに認識させ
参加者の入場データ管理、会場内での行動データ蓄積まで
一貫してシステム上でコントロールしているようです。


WEBで参加申し込みをすると参加証引換券が発行されます
(ちなみに“ビジター”は前日までの登録の場合は無料。
当日はなぜか@5,000円!この価格設定はナゾだ!)


参加証引換券のこのバーコードを入口のリーダーで読み取らせると


この参加証(バーコード付き)が発行されます。


公式カンファレンスや一部の出展企業主催のセミナーでは入場時に
携帯型バーコードリーダーでこの参加証からデータを読み取らせるところもありました。
いちいち名刺出したりしなくても良いし、運営側も参加者の
データが無駄なくとれるのでかなり便利なのではと想像できます。

旅行業界でも今後MICE(Meeting、Incentive、Convention、Exhibition)
を主力分野とする企業にとっては、このイベントの運営面だけとってみても
とても参考になる点は多いはずです。


アメバーのミネラルウォーター広告。会場内無料配布で目立ったのでパチリ。



最後に東京タワーをパチリ



肝心のセミナー内容については
ホントに盛りだくさんだったのでまた別途書きます。

スポンサーサイト



育休30日目 『JATA旅博』 「旅行産業経営塾シンポジウム」~facebookは敵か味方か~ 他

9月の連休、育休中の身ながら諸用で方々に逃亡しており、久々更新。

9月30日金曜日、息子のケアを妻にまかせ
東京ビックサイトで開催のJATA旅博に行ってきました。

現在OBとして活動に参加している「旅行産業経営塾」主催の
シンポジュウムのお手伝いと、気になるセミナーをハシゴです。

久々に短パン以外のズボンを履き、しかもドレスシャツ着て、さらに
ジャケット着用!自分としては、かなりの正装で挑みました。


まずシンポジウムの概略内容は以下の通り
--------------------------------------------------------
●「JATA旅博2011 旅行産業経営塾シンポジウム」
~facebookは敵か味方か~

東日本大震災では、情報ツールとしてSNSのスピード感が有効でした。
この有効性が認められ、現在爆発的にフェイスブックなどSNSが広まって
います。このような状況において、旅行業界でもSNSを無視することができなく
なってきました。
しかし、SNSのスピード感は旅行産業にフィットするのでしょうか?
どのように旅行業界に取り入れれば有効なのでしょうか?
今回は最も注目されているSNSツールであるフェイスブックをテーマに、
業界各社の実務担当者を講師に招き、講演を聞くとともに参加者の議論
によって、これからの旅行業界においてのSNSの位置づけを確認いたします。

【日時】 2011年9月30日(金)
      14:00~17:00(13:30開場)

【会場】東京ビッグサイト
     会議棟6階609号室 
     *交通のアクセス方法・地図はこちらからご確認下さい。

【定員】54名
     *事前お申し込みをお願いします。

【会費】1,000円(学生は500円)

【講師】
 ●柳沢 健太郎氏
    株式会社ウィルマッチ代表取締役社長
    日本語版Facebook ページランキング
     コンサル/ビジネスサービス部門 第7位

【パネリスト】
 ●堀 裕輔氏 :日本航空株式会社WEB販売部
          JALホームページWEBマスター

 ●櫻井 誠士氏 :株式会社フィンコーポレーション
           情報企画部部長
------------------------------------------------------------

事務局として、準備をまとめた塾同期の皆のおかげもあり
有料にもかかわらず、満員御礼、大盛況。皆さんホントにお疲れさまでした!
(ワタクシは育休突入で大事な準備後半に参加できず
大変申し訳ない次第)

シンポジュウムのスタイルは、ただ講師の講演を聴くだけでなく、
参加者を小グループに分けてのグループディスカッションを行い、
意見発表と有意義な場となりました。注目度の高いホットなテーマということも
あり、議論の時間が足りないくらい。

本来、強く興味のある分野ながら久々の社会の空気に圧倒され、
なかなか、うまく意見も言えなかった。
せっかくなので個人的なキズキをざっと忘備メモとして記載しておく。



<「旅行産業経営塾シンポジウム」~facebookは敵か味方か~ 忘備メモ>
●情報過多、商品成熟時代の今、“信頼できる誰かのリコメンド”
が生活者の消費行動に大きく影響を与える。
⇒カタチのない旅行のような商材は、その影響が特に顕著。

●情報ツール、通信技術の進歩によって購買に至るまでの
“買い方”が急速に変化している。
⇒ここ数年の国内線航空券、国際線航空券の購買方法のドラスティックな変化は
記憶に新しい。次にくる変化は旅行商品(すでにきている!)
情報スペース、情報スピード、配送コストに制限のある紙ブローシャー重視の
現状からweb上のリッチコンテンツへシフトが有効。

●facebookは共感を意志表示するメディア
⇒そもそも共感を得られない企業または人への効果は期待できない。
裏を返せば、“普段の企業の姿勢”“企業に属する人の立ち振る舞い”が
今後一層生活者に見定められる。一旦、共感を得られると、ファンは自ら
その企業を応援、宣伝をしてくれる。

●facebookは2重の共感の拡散装置
⇒“普段の企業の姿勢”“企業に属する人の立ち振る舞い”への共感
(ブランドへの共感)と友達からのおススメへの共感(人間系共感)を
増幅させながら拡散する。

●CONTENTS IS KING. STRONG CONTENTS IS KING!
⇒facebookは魔法の装置ではない!ガソリンとなるコンテンツ、魅力的な
強いコンテンツ、共感を響かせるコンテンツがあって初めて
その装置としての威力を発揮する

●facebookで共感を生むのは“人間くさい”部分。
⇒システムや技術が急速に進歩している一方、意思決定
の重要な判断要素が“人間くささ”へ回帰しているのではないか。

もう一本のセミナーも面白かった!これはまた機会があれば別途書きます。

旅行産業経営塾 卒塾式

3月26日(土)1年弱通った「旅行産業経営塾」の卒塾式に出席。
本来であれば、新一期生37人の卒塾を祝し盛大に開催される予定だったが、
慶賀としての内容を拝し、内々の式として実施となった。

冒頭、東日本関東大震災の犠牲者に対する黙祷を行い、会場では義援金も募る。
塾長、塾頭、卒塾生代表のスピーチでも、犠牲者への哀悼と復興に向けた支援を
忘れることなく、それでいて旅行業界としても克服しなければならない厳しい環境への
姿勢や決意が熱く語られ、はじめから涙が。

その後、会場を移しての懇親会。
その席での塾生スピーチでも言い放ったのですが、
ここに集った人生の先輩、業界の先輩や同期は抜群にカッコいい大人達だった。
自分もいつか「こんなカッコイイ大人にないたい」と素で思った。
もう年齢的には自分も十分おっさんですが、「カッコいい大人達」に比べりゃ
まだまだヒヨコみたいなもんですよ。

熱い講義も同期とのディスカッションも、毎回講義後のアスタースクール
の楽しみもあり、欠席するのがもったいない。
この同期達と出会えたことがなんといっても財産です。

そんな思いで休まず講義に出席を続けた甲斐あって、皆勤賞を受賞。
これは狙ってたのでめちゃくちゃ嬉しい。眠気に負けず、毎回通いました。
おまけに論文優秀賞までいただいちゃいまして、なんとダブル受賞!
出来すぎな気がしますが、結果を残せたことが素直に嬉しい!

卒塾式







旅行産業経営塾

19日(土)は『旅行産業経営塾』の12回目の講義に出席。
『旅行産業経営塾』とは?プレスリリースによると以下の通り。

----------------------------------------------------------------------
1999年、学校法人森谷学園(現在の学校法人トラベルジャーナル学園)
によって「旅行産業を担う次世代の志高き骨太の人材を育成し、
旅行産業ならびに広く社会に貢献する。」という目的で設立されました。
開塾以来5期に亘り、大手旅行会社から中小旅行会社、更には、観光産業の
各分野から多くの経営者、経営管理者を集め、総勢200余名の卒塾生を
輩出してきました。現在、卒塾生が多方面において活躍しております。
2004年以降休塾となっておりましたが、この度、トラベルジャーナル学園
の協力を得て、私ども旅行産業経営塾OB会によって再開させる運びとなりました。
-----------------------------------------------------------------------

若輩ながらワタクシも「ものの見方、考え方、決め方」を学ぶために
再開一期生として自主参加してます。メンバーがいろんな意味でスゴくて、
ホントに刺激になります。

今年度5月から通い続けて、土曜日の朝のゆっくり寝たい欲望にも負けず、
いまのところ全講義出席中。前日の金曜夜、同僚と勢いで飲みにいってしまったので、
今回もいつも以上にしんどかったがやればデキルものです。

普段の講義の流れは、業界内外から旬の講師を招き講義をしていただき、
質疑応答、課題発表、班別討議、班別プレゼン、講評、塾頭総括と進み、その後、
有志でたいがい懇親会に流れます。

にぶった頭をフル回転させながら、いつも食事もそこそこに時間と戦かいながら
テーマを詰めていくので、とにかく一日の過ぎるスピードが恐ろしく早い。
そして講義のあとに皆で飲むのビールが美味い!

この日の講義は「塾長」の登壇。
旅行業界創成期に野武士軍団の先頭になってつっ走り、
キャリア系ホールセールの歴史を創ってきた人物ですから、
そのエネルギーとアイデアと行動力には脱帽。

そしてこの“塾長”ってのが、とにかく男前なのです。
過去の講義中に、「どうしてそのヒトコトをここで言えるの?」って場面で
発してくれて、思わず目から透明な液体のようなものが流落ちる瞬間が
幾度かありました。

早いもので残すところ、あと卒業式を含め講義もあと2回。
寂しいような、やり遂げた達成感のような。
そして第二期生現在募集中です!

旅行産業経営塾
http://www.bsti.jp/wp/

↓↓↓FC2ブログランキング ポチっ とお願いします!

Facebookへのコメントはこちらから

プロフィール

マユテツ

Author:マユテツ
「旅」・「食」・「育」・「音」を中心とした日々の雑記です。

ランキング参加中!クリックを!
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitterはこちら
Facebookはこちらをクリック!