FC2ブログ

育休30日目 『JATA旅博』 「旅行産業経営塾シンポジウム」~facebookは敵か味方か~ 他

9月の連休、育休中の身ながら諸用で方々に逃亡しており、久々更新。

9月30日金曜日、息子のケアを妻にまかせ
東京ビックサイトで開催のJATA旅博に行ってきました。

現在OBとして活動に参加している「旅行産業経営塾」主催の
シンポジュウムのお手伝いと、気になるセミナーをハシゴです。

久々に短パン以外のズボンを履き、しかもドレスシャツ着て、さらに
ジャケット着用!自分としては、かなりの正装で挑みました。


まずシンポジウムの概略内容は以下の通り
--------------------------------------------------------
●「JATA旅博2011 旅行産業経営塾シンポジウム」
~facebookは敵か味方か~

東日本大震災では、情報ツールとしてSNSのスピード感が有効でした。
この有効性が認められ、現在爆発的にフェイスブックなどSNSが広まって
います。このような状況において、旅行業界でもSNSを無視することができなく
なってきました。
しかし、SNSのスピード感は旅行産業にフィットするのでしょうか?
どのように旅行業界に取り入れれば有効なのでしょうか?
今回は最も注目されているSNSツールであるフェイスブックをテーマに、
業界各社の実務担当者を講師に招き、講演を聞くとともに参加者の議論
によって、これからの旅行業界においてのSNSの位置づけを確認いたします。

【日時】 2011年9月30日(金)
      14:00~17:00(13:30開場)

【会場】東京ビッグサイト
     会議棟6階609号室 
     *交通のアクセス方法・地図はこちらからご確認下さい。

【定員】54名
     *事前お申し込みをお願いします。

【会費】1,000円(学生は500円)

【講師】
 ●柳沢 健太郎氏
    株式会社ウィルマッチ代表取締役社長
    日本語版Facebook ページランキング
     コンサル/ビジネスサービス部門 第7位

【パネリスト】
 ●堀 裕輔氏 :日本航空株式会社WEB販売部
          JALホームページWEBマスター

 ●櫻井 誠士氏 :株式会社フィンコーポレーション
           情報企画部部長
------------------------------------------------------------

事務局として、準備をまとめた塾同期の皆のおかげもあり
有料にもかかわらず、満員御礼、大盛況。皆さんホントにお疲れさまでした!
(ワタクシは育休突入で大事な準備後半に参加できず
大変申し訳ない次第)

シンポジュウムのスタイルは、ただ講師の講演を聴くだけでなく、
参加者を小グループに分けてのグループディスカッションを行い、
意見発表と有意義な場となりました。注目度の高いホットなテーマということも
あり、議論の時間が足りないくらい。

本来、強く興味のある分野ながら久々の社会の空気に圧倒され、
なかなか、うまく意見も言えなかった。
せっかくなので個人的なキズキをざっと忘備メモとして記載しておく。



<「旅行産業経営塾シンポジウム」~facebookは敵か味方か~ 忘備メモ>
●情報過多、商品成熟時代の今、“信頼できる誰かのリコメンド”
が生活者の消費行動に大きく影響を与える。
⇒カタチのない旅行のような商材は、その影響が特に顕著。

●情報ツール、通信技術の進歩によって購買に至るまでの
“買い方”が急速に変化している。
⇒ここ数年の国内線航空券、国際線航空券の購買方法のドラスティックな変化は
記憶に新しい。次にくる変化は旅行商品(すでにきている!)
情報スペース、情報スピード、配送コストに制限のある紙ブローシャー重視の
現状からweb上のリッチコンテンツへシフトが有効。

●facebookは共感を意志表示するメディア
⇒そもそも共感を得られない企業または人への効果は期待できない。
裏を返せば、“普段の企業の姿勢”“企業に属する人の立ち振る舞い”が
今後一層生活者に見定められる。一旦、共感を得られると、ファンは自ら
その企業を応援、宣伝をしてくれる。

●facebookは2重の共感の拡散装置
⇒“普段の企業の姿勢”“企業に属する人の立ち振る舞い”への共感
(ブランドへの共感)と友達からのおススメへの共感(人間系共感)を
増幅させながら拡散する。

●CONTENTS IS KING. STRONG CONTENTS IS KING!
⇒facebookは魔法の装置ではない!ガソリンとなるコンテンツ、魅力的な
強いコンテンツ、共感を響かせるコンテンツがあって初めて
その装置としての威力を発揮する

●facebookで共感を生むのは“人間くさい”部分。
⇒システムや技術が急速に進歩している一方、意思決定
の重要な判断要素が“人間くささ”へ回帰しているのではないか。

もう一本のセミナーも面白かった!これはまた機会があれば別途書きます。
スポンサーサイト



コメント

Secret

↓↓↓FC2ブログランキング ポチっ とお願いします!

Facebookへのコメントはこちらから

プロフィール

マユテツ

Author:マユテツ
「旅」・「食」・「育」・「音」を中心とした日々の雑記です。

ランキング参加中!クリックを!
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitterはこちら
Facebookはこちらをクリック!